.entry-content {font-size:18px;}

シンプルに、ていねいに。

シンプルでていねいな生活を実践中。習慣、暮らし、副業あたりの記事が多め。

ひとり時間の過ごし方。

 

f:id:mmfvly:20190115100218j:image

お題「ひとりの時間の過ごし方」

 

こんにちは♪

今回は私のひとり時間の過ごし方について。

内向型か外向型かで、ひとり時間の過ごし方はだいぶ変わると思います。私はどちらかというと内向型だと考えています。ひとりが苦ではないので、一日の中でひとり時間はむしろ必要です。

自分も内向型かも、と思う人にオススメな本はこちらです。時間があれば書店で立ち読みしてみてください。

内向型人間の時代 社会を変える静かな人の力

内向型人間の時代 社会を変える静かな人の力

 

 

前置きが長くなりましたが、

ここから本題です。

 

ひとり時間の過ごし方

1.読書

最近よく読むのはビジネス書。

ビジネス書だと気になる所だけサクッと読めるので。これからはもう少し小説も読んでいきたいな、と考えています。

小説は娯楽的な要素がありますが、ビジネス書は読むだけでなくアウトプットし、行動につなげるための読書だと思っています。

読書は自分の知識をブラッシュアップし、どう変えていくか考えるヒントをくれます。

 

2.映画を見る

毎週1作は観てるかもしれません。

いろんな考え方があり、生き方がある、そんな当たり前のことを思い出す特効薬のようなものです。

 

3.気持ちをノートに書く

自分のしたいこと、夢、大切なこと、ほしいもの、などなどさまざまなことを文字にする行為を積極的にしています。考えてるだけじゃ人間は覚えていられないし、書くことで頭がスッキリします。

ノートを見返すことで、また新たな考えが浮かんだりします。

 

4.ひたすら歩く、運動する

1時間くらい時間があれば歩きに行くようにしてます。

運動は週3くらい。

(自然の中を)歩けば何か新しいことが頭に浮かんできたり、体重も少しずつ落ちていく。ダイエット効果もあるのでオススメ。

 

5.カフェに行く

近所のカフェに行き、雑誌を読んだり人間観察をしたり本を持っていったり、近くに座ってる人たちの会話にそっと耳を立てたり(笑)

今何が話題なのか、カフェに行けばヒントだらけで楽しくなります。