.entry-content {font-size:18px;}

1にち、1まなび。

感じたこと、学んだことを書いていきます。

中性的美男ピエールニネの魅力満載映画「婚約者の友人」

 

 

f:id:mmfvly:20180911111744j:image

 

 

 

婚約者の友人 [DVD]

婚約者の友人 [DVD]

 

フランソワ・オゾン監督が贈る、エレガントな本格ミステリー。1919年、戦後のドイツ。婚約者フランツを亡くしたアンナは、ある日、彼の墓の前で泣いている見知らぬ男に出会う。男の名はアドリアン。2人の友情に心癒されていくアンナだったが、彼に“婚約者の友人”以上の想いを抱いた時、男は自らの“正体”を告白する。しかしそれは次々と現れる謎の幕開けに過ぎなかった…。

 

ピエールニネ(写真右)が、繊細なフランス人男性を見事に演じていて、また、惚れた。

彼を初めて見たのは、映画「サンローラン」だった。

その時も繊細なゲイという難しい役柄を演じ切ってた。

 

この映画に出てくるヴェルレーヌの詩や、マネの自殺という絵が、とても良く話と絡み合ってた。

マネ作 「自殺」

f:id:mmfvly:20180911112224j:image

 

 

 

戦争が原因で別れを選ぶという映画は何本か見たことがある。

『ひまわり』、『シェルブールの雨傘』のような雰囲気がある。

 

それよりも暗いけど。

 

 

不幸なカップルというのはどうしてこうも美しく見えてしまうんだろうね…