.entry-content {font-size:18px;}

シンプルに、ていねいに。

シンプルでていねいな生活を実践中。習慣、暮らし、副業あたりの記事が多め。

ドラマ「あにいもうと」を観て気づいた、今の日本にないもの。

 

 

 

山田洋次監督によってリメイクされたドラマ「あにいもうと」が放送されましたね。少し前だけど(笑)

 

f:id:mmfvly:20180714195030j:image

なんて爽やかなポスター。

 

人物相関図はこちら。
f:id:mmfvly:20180714195027j:image

大泉洋さんが長男、

宮崎あおいさんが長女の役です。

瀧本美織さんが次女、ナレーションをしています。

 

最後はもちろん泣いてしまいました。

最近のドラマと何が違うんだろう、このドラマの何が良かったのか、を考えてみました。

 

 

ドラマ「あにいもうと」のここがすごい!

  1. 宮崎あおいの演技がハンパない! 
  2. 昭和感がぷんぷんするのに最後見事に泣かされた!
  3. 今はないほどの兄弟愛!

 

 

  1. 宮崎あおいの演技がハンパない!

え、この女優さんこんなに上手かったの?!と驚きました。(ファンの方すみません…)あまり宮崎あおいさんのでる作品を拝見してこなかったので、日本もまだまだ大丈夫だと安心しました。誰様や

 

2.   昭和感がぷんぷんするのに最後見事に泣かされた!

最初見始めたとき、あ〜昭和だな〜と感じてたんです。

言葉遣いが特に。

でもそんなこと気にもならないくらいよく作り込まれた脚本で。

最後普通に泣きました。

というか半分観たあたりからもう泣くかもと予感はしてました。

 

3.   今はないほどの兄弟愛!

え、こんな兄弟いるの?!という驚き。

今は絶対いないでしょ!!

てか、いやお兄さん、分かりにくいわ、愛情の裏返しすごいわ、というかんじなんだけど、まぁそんなとこも許せるというか、なんというか、とても良いんです。

 

…語彙力つけてから書けばよかった。