.entry-content {font-size:18px;}

シンプルに、ていねいに。

シンプルでていねいな生活を実践中。習慣、暮らし、副業あたりの記事が多め。

オススメの英語学習本「村上式シンプル英語勉強法」

 

 

f:id:mmfvly:20180716155808j:image

 

 

毎年英語を勉強したいと思いながら継続できなかった…

世間に流れる英語勉強法が多すぎてどれを試せばいいのかわからくなった…

と英語を勉強することに悩みがある人が多いかと思います。

 

朗報です!

そういう人にオススメの本を発見しました!

さらに、必要なことしかやりたくない人にぜひ読んでいただきたい。

 

著者は、

Googleアメリカの副社長である村上憲郎さん

村上式シンプル英語勉強法

村上式シンプル英語勉強法

 

こちらの本です。

スクール、高い教材、机もいらない!米Google副社長初公開のメソッド!31歳で外資に転職、自力で英語を身につけ、グーグルのトップになった著者が伝授する「必要なことしかやらない」最強の勉強法。

 

そうなんです、

彼が英語の勉強をはじめたのは31歳からなんです!

これだけでだいぶやる気でませんか?

 

 

この本は、

  1. リーディング
  2. 単語
  3. リスニング
  4. ライティング
  5. スピーキング

の5つに分けられています。

 

村上さんの無駄を省いた勉強法を紹介していきます。

 

 

  1. リーディング勉強方法

・とりあえず最初は100万語を読む

(小説10冊、ノンフィクション5冊相当)

【ポイント】

・絶対うしろへ戻らない(意味がわからなくても)

・パラグラフ(段落)の途中で息継ぎをしない

・読むときは✖️辞書、✖️文法書

・知らない形容詞はgoodかbadに変換する

・毎日30分は読み続けること

 

とりあえず読み続ける継続力が必要ですね。

最初は中学生の教科書くらいからはじめても良さそうです。

わたしがオススメなのは、ラダーシリーズというレベル分けされてある洋書です。かなり有名なのでまず一冊、読んでみてほしいです。

かっこいいですがいきなり難しい小説なんかに手を出してしまうと確実にやる気が砕け散るのでもうすこし我慢しましょう。(わたしもまだまだ我慢の身です…ゆっくり頑張りましょう)

 

 

  1. 単語勉強方法

・最初は平日3000語、休日のどちらかで1万語に触れるようにする

単語は暗記しようとせず、とにかく毎日会って頭に入れること

コツとして挙げられていたのは、

社員一万人の会社の社長となった気分で、最終的には毎日社員一万語に会うようにする。1.2年すれば全部覚えてる。

というもの。

なんだかユニークで楽しく覚えられそうな気がします。

難しい単語は難しい苗字の人と同じ感覚ですかね。

 

 

  1. リスニング勉強方法

・リスニング力を身につけるために必要なのは、勉強ではなく、耳の筋トレ

とにかく絶対毎日1時間は聞く!

その聞く英語は、テキストなどの優しいものではなく、生の英語にすること。

つまり、ネイティブが普通に普段通りのスピードで会話をするような早さのもの。

このような負担をかけることで、耳のトレーニングになり、簡単な英語がみるみるうちに聞き取れるようになる!というメソッド。

 

 

  1. ライティング勉強方法

・結論、私たち日本人に英作文は無理。英借文をするしかない! 

テンプレートとしてEメール、ビジネス文書などを収集しておく。少し自分なりにアレンジして使えばOK。

潔く、無理はものは無理と考え、考え方を変えてみましょう。

 

 

  1. スピーキング勉強方法

・日常会話は5パターンしかない それを丸暗記しよう

たとえば、

あいさつ

たずねる

依頼をする Could you please〜?

意思を伝える I'd like to 〜.

相手の意向を聞く Would you like to〜?

 

・自分に関する100の文章を丸暗記しておく

丸暗記しておけば会話が続かないと焦ることもなくなります。

最初のほうは、相手が自分の全く知らない話をしてきても、自分の興味のある何かに話を持っていくくらいの強引さも必要になってくるそうです。そうすれば良いスピーキングの実践練習になりますね。 

 

 

まとめ

もっともっといろんな方法が載っているのですが、この辺にしておきます。

薄い本なのでさらりと読めますし、載っているすべてのことを実践すれば確実に力がつくと思います。

まずは1日数分でもいいから継続していく、習慣にしていくことが大切ですね。