.entry-content {font-size:18px;}

書くこと。

感じたこと、学んだことを書いていきます。

【感想】マクドナルドの闇を映画「ファウンダー」で大暴露されていた【ネタバレ注意】

 

 

 

ものすんごい映画を観てしまいましたよ…

その名も、

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ

もうタイトルからやばめでしょう。笑

 

お話の内容…

今やどこの国に行っても目にするマクドナルド。

創業当時は2人の兄弟がマクドナルドという1つのお店を経営していた。

そこに1人の男がやってくる。

50歳も過ぎて、機械売りをしていたその男はマクドナルドというお店にたどり着く。

男はマクドナルドの緻密に練られた作業場に感動し、共同経営を持ちかける。

さてさて、どうなっていくのか…?!

 

  

 

 

 

 

ここからネタバレ…

次第に男はマクドナルドをアメリカ全域に広げようと励む。

まるで自分が創業したかのような振る舞いを続ける男に創業者の兄弟は怒り新党

(そりゃそうだよ…)

しかし男の勢いは収まらず、兄弟を手のひらで転がし、瞬く間に経営者として上り詰めた。

兄弟はもはやなすすべもなく、1店舗目だったお店を閉め、新しい名前で経営するも上手くいかず…

そんなことも気にせずひたすら前へ前へ突き進む男。

「執念だよ、執念と覚悟があればなんだってできる」と語る様。

 

 

 

どっちに感情移入するか?

どっち目線で見るかによって感想が変わると思います。

ひっそりと兄弟で仲良く経営したかったひと、

もしくは、

のし上がれるチャンスは誰を犠牲にしてでも目指すべきだというひと、

どちらも間違いじゃないからこそ胸が痛くなるような心地でした。

 

だからといって、人を貶めてまでビジネスに執着できるものなのかと思ったり…

資本主義社会が続くかぎり、のし上がろうとする人はこれからも出てくるでしょう。それがすべて良くないことだとは思いませんが、なかなか難しいですね。

数年前の自分だったら、兄弟に感情移入しまくりでしょうが、今の自分だと半々ですかね…

人は変わるものです。

来年にはどちら側に傾倒してるかわかりませんし。

 

 

日本全国にあるマクドナルド。

こんな歴史があり今があるのかと思うと、色々考えてしまいフライドポテトを食べる手が少し止まりそうです。

 

人によって感想が変わりそうなこの映画。

ぜひいろんな人の意見が聞きたいですね。

 

 

 

 

【朗報】新しい習慣を身につけるのは想像以上にカンタンだった!

 

 

f:id:mmfvly:20181101160610j:image

 

運動する習慣をつけたい…

ダイエットしたい…

英語の勉強を続けたい…

 

さまざまな意見があると思います。

 

でも、続けるのってなかなか難しくて、三日坊主になりがちですよね…

 

そこで今回は、こんな私でも

運動する習慣、

ダイエットをする習慣、

英語の勉強をする習慣

を身につけられた秘訣を伝授したいと思います!

 

一度なにかを身につけられたらあとはカンタンです。

 

 

運動の習慣の身につけ方

例として今回は運動する習慣の付け方を挙げます。

1. 毎日続ける

とにかく最初は毎日続けることを意識してください。スマホをいじってる時間の数分を運動に回す!その意識が大切です。

 

2. 最初は数を極力減らす

最初は1回からでOKです。

たとえば私は毎日1回スクワットをすることから始めました。とにかく継続できる範囲で始めましょう。

 

3. 理想の体を見て妄想する

これはとても大事で、理想の体をしている芸能人の画像を見るんです。自分もこうなれたら最高だなぁ、と考えることで定着しやすくなります。

 

4. 数日ごとに数を増やしたり部位を変えて筋トレ

慣れてくると少し数を増やしましょう。

たとえば最初な一日スクワット1回→ 一日スクワット5回にしてみよう、もしくは、次は二の腕の運動を10回にしてみよう などなど

 

5. とにかく続ける

もうとにかく続けること!これに尽きます。

1回でもいいから毎日続ける。たぶんここまで来ると勝手に運動しないと気持ち悪くなるくらいにはなってます(笑)なのでそれまで安心して毎日続けちゃってください。

 

 

 

運動を習慣にして得たメリット

・引き締まってくると体に惚れ惚れする

・服のサイズがダウンしてうれしくなる

・運動したんだからと思って甘いものをあまり食べなくなる=痩せる

・夏のノースリーブが怖くなくなる

・精神的に安定する

・食べるものに気を使うようになる

・スキマ時間は運動のためにあるという思考回路になってくる

 

他にもたくさんあります!

が、一応このへんで。

 

 

まとめ

もう一度振り返っておきましょう。

1. 毎日続ける

2. 最初は数を極力減らす

3. 理想の体を見て妄想する

4. 数日ごとに数を増やしたり部位を変えて筋トレ

5. とにかく続ける

カンタンです!すぐにできちゃいます!

絶対できます!大丈夫です!

 

習慣付けの素晴らしさって、

1つのことを習慣にできたら、

他のことを習慣にするのが難しくなくなるんです!

これは最近実感してることなんですが、

実際私は次々といろんな習慣を身につけていっています。

上記にあるように、英語の勉強やダイエット(食生活の見直し)、朝のルーティンなどなど、新しい習慣を身につけることに対する抵抗がほぼゼロなんです。

 

なのでぜひ、皆さんも、まずは1つ!

良い習慣を身につける努力をしてみてください。

努力をすればもうそれはいつか習慣となり、

歯磨きをしないと気持ち悪くなるくらいに体に浸透していきます。

そこまでくれば人生がラクになっていきますよ。

 

生まれ変わるのに遅いなんてないんです。

今が一番若い。

今変わればきっと、未来の自分が喜ぶでしょう。

それでは、新しく身につけたい習慣をリストアップから始めてみてください!

コツは、1つずつ ですよ!

 

 

 

✳︎参考にしてほしい本一覧

自分を操る超集中力

自分を操る超集中力

 
「すぐやる人」と「やれない人」の習慣 (アスカビジネス)

「すぐやる人」と「やれない人」の習慣 (アスカビジネス)

 
小さな習慣

小さな習慣

 

 



 

【感想】パルムドール賞を2度受賞したケン・ローチ監督の人柄に触れるドキュメンタリー映画。

 

こんばんは、今日は、

このドキュメンタリー映画の内容をまとめたいと思います。

 

みなさんは、ケン・ローチ監督をご存知ですか?

イギリス人の映画監督で、是枝監督と同じようにパルムドール賞を受賞したこともある偉大な監督さんです。しかも二回も受賞しています。

残念ながら高齢により、もう引退されましたがご健在です。

 

このドキュメンタリーで知ることができたこと

・子供時代から勉強を頑張って、エリートコースに進めたこと

・ケンローチは感じたまま演じるというよりは考えて演じる役者だった(大学時代)

・だけどケンローチは感じたまま演じる役者が好き(笑)

・一貫して労働者階級の人たちを描く映画を作り続けたこと

・こうと決めたことを簡単には変えない執念の強さを持っていること

・意外にもミュージカル映画が好きなこと

・子供を事故で亡くす経験をしていること、それによって今までの景色がもう見れなくなってしまったこと

・普段はとても温厚で静かな人であること

・政治に関してしっかりとした考えも持っていること

 

 

彼の作品はまだ「わたしはダニエル・ブレイク」しか見たことがなかったんですが、なんとも胸が苦しくなるお話で…

労働者階級の人々に寄り添い、社会ってなんだ?政府ってなんだ?と考えさせてくれる作品でした。

 

このドキュメンタリーでも「わたしはダニエル・ブレイク」の撮影現場が映されたり、彼の他の作品「ケス」や出演者たちの声が聞けたり。不意にキリアンマーフィーが出てきたときは少し胸が踊りました(笑)

 

映画監督を主役にしたドキュメンタリーは初めて観たのですが、ケンローチを知らない人でも彼の魅力に気づいてしまうだろう出来栄えになっていました。

 

彼の作品には、今の日本映画にないものが詰まっている、そう感じます。

是枝監督が描きたかった世界と似ているような。

映画ファンとしては、もっとステキな日本映画がたくさん世に出ることを祈っていたりしています。

 

 

 

今度ゆっくりこの作品についても触れたいと思います。



 

TOEIC当日に感じた「教室が寒すぎて集中できない」問題

 

 

 

みなさんこんばんは!

先日10月28日のTOEICを受けてきました。

その時にいちばん感じたこと、そしてこれから受けるよ〜!て人に知っておいてほしいことは、

「教室がすっごく寒い」問題です。

 

 

f:id:mmfvly:20181029165030j:image

 

まず、TOEICって?

リスニングとリーディングパートがあり、約2時間の英語のテストです。今ではスピーキングとライティングパートのテストも実施されています。

(私が受けたのはリスニングとリーディングのテストです。)

 

[テスト当日]

11:45~12:30
受付
12:35~13:00
試験の説明・音テスト
13:00~15:00
試験開始~試験終了
15:00~15:15
問題用紙・解答用紙の回収
15:15(予定)
解散

 

これが大まかな流れ。

 

 

最初に述べたように、

「教室寒すぎ…………」問題

は深刻です。

 

せっかく勉強したのに手がかじかんで回答しにくい、

さらに足が冷え、腰が冷え、もう終わる直前には全身が冷えっ冷え状態。

 

集中力途切れまくりですよ、こんなんじゃあ…

 

てことで!これから受ける人!絶対!持っていくべきものがあります!

(夏でもクーラー効きすぎ問題があるんで有効です)

 

対策としてこれを持って行こう!

カーディガン!

アウター!

マフラー!

そのどれかでも大丈夫なので絶対1つでも持っていきましょう!

 

 

カーディガンなどを持っていくメリット

①体が冷えず集中できる

②思わず冷えてしまった体を瞬時に暖められる

③持っていっても邪魔にならない

④こんなに教室が寒かったら体が冷えてしまったらどうしよう…?という不安がなくなる

 

試験当日は余計なことを考えたくないですよね。

そんなときはまず、冷えを起こさせないものを持っていくという行動で、精神を安定させましょう。

 

一緒に当日はとことん集中して、実力を発揮していきましょう!

 

 

 

TOEICについて詳しくは↓をご覧くださいね。

テスト日程・申込|TOEIC Listening & Reading Test|TOEIC Program|IIBC

 

 

 

【本の感想】『世界のエリートはなぜ美意識を鍛えるのか?』の答えは感性だった。

 

 

f:id:mmfvly:20181026162936j:image

 

蝉が雷のように鳴いていた頃、『世界のエリートはなぜ美意識を鍛えるのか?』という本がどこの書店に足を運んでも置いてありました。

 

何度も迷った末、買ってしまいましたよね〜(笑)

 

美意識とか、知性とか、そういう文字に弱い…

 

 

消費ビジネスのファッション化

もう今や質の良さとかは当たり前の話になってて、百均であってもある程度使える時代になりましたよね。

結果、「これからは感性が大切になってくるよ」という話です。

機能の差別化 から 情緒の差別化 へと競争の仕方が変わってきている、らしいです。

 

だからこそ、これからは論理や理性だけに頼らず、感性を磨いていかなきゃいけないし、もう世界はそういう仕組みが出来上がっていってるみたいです。

 

やばくないですか、日本…

むしろ芸術とか好きな人、ほんの一握りじゃないですか、日本…

 

 

ストーリーと世界観が大切

ブランドの強みは、ストーリーと世界観にある、と著者は言われています。

デザインとテクノロジーは真似できるから。

やはり、ストーリーと世界観を考えぬくためにも、感性を働かせることが大切になってくる。

言語化できることは、すべてコピーできる

と書かれていたのですが、まさしく芸術は簡単に言葉にできない感情を抱かせるものですよね。

 

 

どう美意識を鍛えるか?

ここがいちばん気になっていました。

美意識、鍛えたい…感性豊かになりたい…

 

この本に書いてあったのは、

1.絵画を見る

2.哲学に親しむ

3.文学を読む

4.詩を読む

少し当たり前のように聞こえましたが、本に書いてあるようにオウム真理教の信者たちに圧倒的に不足していたのが、この「美を知らない、文学を読んでいない」だったんですね。

 

かれらは美を知らず、また階級社会という[やれば上がれる]システムに強かった。

つまり、受験レースのように、やればいい成績を取れるシステムに強かった。

結果真理教にのめり込んでいってしまった、という見解でした。

 

これはわたしにはとても深く響いた話で、芸術の必要性を改めて感じることになりました。

 

ビジネス書ばかり読まず、芸術に触れる時間もしっかり取ってバランスよく読書していくのがいいのかもしれません。

 

(とりあえず積ん読を一冊消化できてうれしい…)

 

 

 

早起きはほんとうに良いの?メリットとデメリットを実体験からまとめてみた。

 

 

 

f:id:mmfvly:20181024162006j:image

朝晩が冷えるようになりましたね。

早起きをしてると朝の寒さに凍えます(笑)

 

さっそくですが、「早起きは三文の徳」という言葉がありますよね。

これは、早起きすれば何らかの利益があるよ、て意味なんですが本当なの?と一年前の私は思ってました。

 

 

当時、「じゃあ一体誰が早起きしてるの?」と思い調べてみました。

 

早起きの有名人

スターバックスのCEO ハワード・シュルツ

アップル創業者 スティーブ・ジョブス

オバマ元大統領

小説家 村上春樹 

エッセイスト 松浦弥太郎 etc...

 

この面々を見たら、「早起きの効力やばいな」となんだか焦りませんか?(笑)

 

元々わたしは、松浦弥太郎さんのエッセイを読みまくっていた時期があり、彼にインスパイアされて始めることにしました。

 

 

早起きするようになって感じたメリット

  • 早朝の空気がめちゃくちゃ気持ちいい
  • 一日が長く感じられる
  • 静かな時間帯に好きなことができる
  • この時間帯に上記の有名人も起きて何かしてるのかと思うと「自分すごいな」と感じてくる
  • 継続できたときの自分への賞賛がとまらなくなる
  • 時間に余裕ができて朝の焦りがなくなる
  • 優雅な朝食タイムを味わえ、気分は「ティファニーで朝食を」のオードリーヘップバーンになれる
  • 朝ウォーキングをした日はウォーキングしてる人と挨拶ができる
  • 朝に本を読むと力がみなぎってくる
  • 朝にする瞑想は頭をスッキリさせてくれる
  • 勉強の継続がしやすくなる

 

本当はまだまだありますが、とりあえずここまで。

正直、いいことだらけです。

朝ってこんなに素晴らしい時間帯だったんだ!と驚く事ばかり起こります。

最初はきついですが、これも習慣化できたら早起きを失敗した日が逆に辛くなってきます。

朝型人間、最高ですよ。

 

 

早起きするようになって感じたデメリット

  • 夜に外出した日の翌日、早起きするのがつらい
  • 夜更かしすると次の日にダイレクトに響く
  • 夜の誘いを減らすことになる
  • 夜にSNSができなくなる 

 

まぁこんなところでしょうか。

早起きを習慣にするために一番手っ取り早いのが、早く寝ることなので、それができなかった日は早起きしたくても思いっきり影響受けちゃいます。

 

ですが、夜更かしをするより圧倒的に早起きをするほうが気持ちがいいことに気づいてしまったので、わたしはこれからも続けたいと思っています。

もちろん、たまには友人と夜遅くまで遊んだりはしますよ。

ルールに縛られすぎず、できる範囲で行うことが習慣化するには大事なことだと思っているので。

 

 

「じゃあ、どうやったら早起きを習慣にできるの?」という問いにはこう答えたいと思います。

 

1.いつもより1時間早く寝て、1時間早く起きよう

つまり、だいたい23時に寝てるよって人は22時に寝れるようにしていく、ということ。

最初はハードです。スマホ触ったりグダグダしてたりすると普通に23時越えちゃいますもん(笑)

どの時間を短くするか考えて、そこを減らしていってみてくださいね。

 

2.早起きをして何をするか考える

わたしの場合、読書や英語の勉強がしたくて早起きを始めました。

気持ちの悪いくらい大量の本を図書館から借りる癖があり(笑)、全部読みたい欲張りな性格なので時間を捻出するしかありませんでした。

また、英語の勉強もしたいなと思っていたので、日によって読書をしたり英語の勉強をしたり、はたまたお気に入りの映画のワンシーンを観てみたり、色々楽しんでます。

 

3.寝る直前、ベッドの中で3回こう唱える「明日は〇〇時に起きる」

これ、結構効きます。

睡眠本によく書かれていたので、実践してみたんです。

たしか脳があれやこれやして「起きろ!」と意識に働きかけてくれるそうです。

脳、やばくないですか、賢すぎます。

ぜひ、唱えてみてくださいね。

 

 

以上、早起きについてのtipsでした。

 

お役に立てるとうれしいです。

 

 

NHKドラマ「フェイクニュース」を観た感想。

 

 

 

この前北川景子さん主演でしていた

フェイクニュース」というドラマを観ました。

 

今時のドラマです。

本当に書かなければいけないようなちゃんとした記事よりも、しょうもない記事のほうがPVが稼げるし拡散される現実。

 

でも、仕方がないのかもしれません。

今の世の中、お金も時間も余裕がない人が多いんです。政治家が何したとか税金はどこに使われてるかとか、そんなことを考えるならもっと面白みのある記事を読みたくなるのもわからないでもないです。

 

話が逸れてしまいましたが。

 

このドラマでは、ツイッターに投稿されたあるツイートから大きな事件につながっていくという、すっごい今時のお話が表現されていました。

 

外国人労働者、政治家の裏話など、これからも日本が直面しそうな内容も含まれており、大変考えさせられました。

 

こういう社会派ドラマもいいもんですね。

 

しかしネットって怖いな、と。

昨日までサポートしてくれていた人たちが手のひら返して笑い者にしてくるあたり、相当です。

顔もすぐ拡散される。家もバレる。

考えただけで恐ろしいですね…

 

そういえば、ブロガーさんが亡くなった事件が数ヶ月前にあったのを思い出しました。

 

 

後半は27日にするそうです。

楽しみにしています。